主婦、時々フリーランス

2児の子育て中の主婦が、育児、節約、仕事について記録。

【2人目夜間断乳】不安定な時期を乗り越え、朝までぐっすり寝てくれるようになった方法を紹介!

f:id:yumekuro789:20180824024008j:plain

以前、2人目である娘ちゃんの夜間断乳方法・様子について記事を書きました。

2人目、生後9ヶ月で夜間断乳決行|断乳方法や夜泣き、上の子の様子について。 - 主婦、時々フリーランス

 

あれから1ヶ月を過ぎました。

実は少し不安定な時期があったのですが、それを乗り越え、今では上の子(2歳)と一緒に朝までぐっすり寝てくれるようになりました!

今回は、夜間断乳をした直後の様子、その後ぐっすり寝てくれるように取り組んだ「朝までぐっすり作戦」について紹介したいと思います。

 

夜間断乳直後、1~2週間は不安定だった

夜間断乳中の激しい夜泣きは無くなったものの、断乳後1、2週間は眠りが浅くこんな状態が続いていました。

  • ちょっとの物音で起きる
  • 照明の明るさを敏感に感じて起きる
  • 寝相が悪く、ベビーベッドの柵に激突して泣いて起きる

起きた後は、添い寝で背中トントンするか、お茶を飲ませてなだめて再度寝かしつけていました。

ですので、常にお茶をいれたマグを枕元に用意していました。(頻繁に起きて一晩で200CCくらい飲んだ日もありました)

おっぱいをあげなくても寝なおしてくれるものの、明らかに「まだ不安定だなぁ」という感じでした。

 

1ヶ月経過する頃には朝までぐっすり

この起きる回数が徐々に減ってきて、1ヶ月経過する頃には朝まで1回も起きない日がほとんどになりました。

この頃から現在(1ヶ月半経過)にかけての様子は、

  • ちょっとの物音くらいなら起きない
  • 上の子が寝がえりやベッドの柵にぶつかっても起きない
  • 大きな物音で目覚めても、お茶なしの背中トントンですぐ寝なおす

上の子と同じくらい眠りが深くなったなぁと感じました。

それまでは一度起こすと結構大変だったので、今では母、大助かりです!

 

改善の為に睡眠環境を変えてみた!朝までぐっすり作戦

夜間断乳直後の不安定な時期に、なんとかぐっすり寝てもらえるように試行錯誤しました。

効果があった「朝までぐっすり作戦」がこちらです。

ぐっすり作戦①弱い冷房を長めに付ける

ぐっすり睡眠に一番効果あったと思います。

それまでは深夜1時ごろにはクーラーは消して扇風機に切り替えていました。

しかし、今年は記録的猛暑が続いた夏

クーラーを付けていても汗びっしょりの娘。

寝苦しさを感じないように明け方までクーラー付け続けました

冷え過ぎないようにパジャマやかけ布団には色々と気をつける事が多かったですが、一晩中涼しく快適にしたことが一番良かったみたいです。

ちなみに半袖肌着+長袖肌着に7分丈のズボンで寝せていました。

ぐっすり作戦②ベビーベッドではなく大人用ベッドで寝せる

大人用ベッドで上の子一緒に寝かしつけた後、下の子だけベビーベッドに移していました。上の子に潰されそうで怖かったからです。

でも寝がえりで柵に激突して起きることがあるので、思い切って上の子と同じ広いベッドに寝せてみたところ、これが大正解でした。

眠りも深くなってきたので、上の子がぶつかってきたり足が乗っかってきたりしても、意外と起きません。

現在、大人用ベッドは兄と妹2人が広々と使っています。

(私はあとから空いてる隙間に滑り込みます。パパはリビングのソファーですw)

ぐっすり作戦③ひんやり感のあるシーツで寝せる

肌に直接触れるベッドシーツの触り心地も大事でした。

クール敷きパットにしてみたり、びっしょり汗を吸収しやすいようにタオルケットを下に敷いておいたり、色々試しました。

結果、少しひんやり感のある薄手の綿100%シーツが一番良かったです。

 

最近では、昔購入していたこちらを使っています。

この商品は綿ですがシルクのようなツルツル感があり、それが気持ちよかったのかもしれません。

寝る直前に手や足をすりすりと擦りつけてご機嫌になっていました。

 

【ぐっすり作戦④】枕などの余計な物は撤去

まだ子供2人は0歳・2歳。

寝相が悪過ぎて、枕は必要ないことに気付きました

むしろ枕があると窮屈だったみたいで、思い切って枕無し生活にチェンジ。

すると伸び伸びと寝られるからか、ベッドの上で自由に寝床を替えながら朝までぐっすり寝るようになりました。

子供たちは私の腕枕がお気に入りのようです。

(本当は私は枕欲しいんですけどね・・・)

 

夜間断乳して1ヶ月経過した変化

上の子の時もそうでしたが、やはり夜間断乳はメリットだらけです。

母子共に以下の嬉しい変化がありました。

  • 離乳食をとにかくよく食べる
  • 体重の増加が安定
  • 昼間のみの授乳なので、卒乳に向けてこそっと授乳回数を減らしやすい
  • 夜~朝まで授乳間隔が開くことにおっぱいが慣れ、徐々に母乳分泌を減らせて卒乳しやすい(乳腺炎などのトラブルになりにくい)

保育園入園の2ヶ月前には夜間断乳しておくことがおすすめ!

仕事復帰に向けて保育園入園が迫っているママもいると思います。

私の1人目、2人目の経験では、夜間断乳が成功して1ヶ月すれば夜泣きも無くなり眠りが深くなります。

※もちろん、その後の成長と共に夜泣きする時期は何度かやってきます。

 

仕事復帰したてはママもかなりお疲れだと思うし、子供も保育園に入ってしばらくはストレスが大きいと思います。

断乳できていなくて、夜中に何度も授乳や添い乳する癖がついているとしんどいです。

夜だけはぐっすり寝てもらえるように、保育園入園前2ヶ月くらいに夜間断乳しておくと、安定した睡眠を身に付けた状態で入園できるのではないでしょうか。

まとめ

今回は2人目娘ちゃんの夜間断乳後の様子、睡眠改善策について書いてみました。

  • 夜間断乳直後は眠りが浅い日が続く場合がある
  • 眠りが浅い、起きてしまう原因がないか試行錯誤してみる
  • ベッドや布団は、伸び伸びとできるくらい広い方が良い
  • 子供は暑がりなのでクーラーやベッドシーツなどで涼しくさらっと快適にしてあげると良い

 

合わせて読みたい▼

2人目、生後9ヶ月で夜間断乳決行|断乳方法や夜泣き、上の子の様子について。 

子供2人の寝かしつけは上の子が鍵!2歳と0歳、色々と実験して成功した方法

2歳差育児は大変なことばかりじゃない。ひと山越えた?皆の笑顔が増えてきた今日この頃。