主婦、時々フリーランス

3児子育て中のワーママが、育児、仕事、お金について記録。

3人目妊娠7ヶ月目。フルタイムやめて短時間勤務へ移行。おばちゃんは疲れたよ。

 

 

 

こんにちは。

まだ(もう?)32歳だけど身体はおばあちゃんのまんまるママです。

 

ブログ大変お久しぶりです!

(最近家でパソコンすら開けなくて・・)

 

2人目保育園入園を機に、フルタイム・超安月給の会社に勤めていたわけですが、妊娠週数が進むにつれてだんだん身体がしんどくなってきました。

身体に伴って、心もしんどいと思うことが増えてきました。

 

そこで、思い切って、産休入る前から短時間勤務へ移行してみました。

もちろん更に安月給になるのは承知で。

 

3人目の妊娠、出産。

1人目に比べれば歳もとったし身体もきついはず。

4歳、2歳の子供たちを見ながらのフルタイムはまぁまぁきつい。

 

無理なくいこう。

 

ということで1日6時間の短時間勤務にしてみました!

 

すると、結構いいもんだったので紹介します。

 

 

短時間勤務にしたメリット

妊娠中は短時間勤務がおすすめ

一番きつい朝にゆとりができた

私の場合、5ヶ月くらいから朝一はお腹がパーン!と張ってて、眠いし体重いし、、という状態でした。

でも7時半には家を出発して保育園に送って出勤しないと遅刻ギリギリ。

 

毎日それがストレスでしたが、朝にゆとりができたおかげでとても楽になりました。

保育園迎え前にご飯の支度ができる

帰りも1時間早く帰ってこれるので、帰ってからご飯の支度をして、前よりかは少し早めにお迎えにいってます。

前はご飯を用意するのが精いっぱいでしたが、今は味噌汁を作る余裕も生まれました。

 

多分旦那もご飯がちゃんと用意されているから嬉しいはず。

勤務時間が短いから精神的に楽

もともとデスクワークなのでそこまで辛い仕事ではないですが、画面を長時間見る作業なので、お腹が張って来たりします。

でも「あ、もうこんな時間だ」という感覚になってからは、さらに集中してやるようになったし、すぐ帰れる、という楽な気持ちでやれています。

 

 

 

短時間勤務にしたデメリット

ありません!

ただ、あえて言うなら・・で書いてみますね。

収入が減る

うちの会社は短時間勤務にすると月給制から時給制に変わります。

そして1日8時間が6時間勤務になるので、その分収入は減ります。

まぁしょうがない。

やたら買い物してしまってた

時間があるといつもできてなかった料理ができるようになります。

「もう一品」と思って、足りない分は会社帰りにちょこちょこ買い物へ行っていました。前までは週末しか行かなかったのに・・。

 

なので、数週間経ってみて、平日の買物は1回に抑えました。

あとは宅配生協か、週末にお出かけがてらみんなでスーパーで買い出し。

 

行けば買っちゃいますもんね。

夕方にお菓子をつまんでしまう

早く帰ってきた夕方。ふっとひと息つこうと、お菓子つまむようになってしまいました・・。

絶対よくない。妊婦だし、太るし、太るし、、、

 

 

 

(おわりに)短時間勤務にしといてよかった

最後になりますが、短時間勤務にしといてよかったなと思います。

家を建てて住宅ローンを払うようになるので、本当は1万円でも多く収入があったほうがいい、働けるまで頑張ったほうがいい、、と悩んだのですが、精神的に「休みたい」という気持ちが強かったです。

 

夕方お腹も張ってきつい、頭痛やめまいがする日もある、

4歳の上の子はいまだにぐずる、

2歳の下の子はイヤイヤ期まっただ中、

そして二人揃って赤ちゃん返りがすごかった。

 

「食べさせて~」

「着替えさせて~」

「抱っこして~」

 

とダブルできます。

 

多分このままフルタイムやって、仕事の引き継ぎもしないままストレス感じていたら、毎日子供たちに怒鳴っていたと思います。

今は短時間勤務のゆとりのおかげで、この子たちの気持ちを「甘えたいよね」と、少しは落ち着いて見れてる気がします。

 

とにかく産休までは無理をせず、無駄遣いをせず、上の子たちとたくさん触れ合っていきたいと思います!