主婦、時々フリーランス

2児の子育て中の主婦が、育児、節約、仕事について記録。

離乳食期の赤ちゃんもOK!子供に食べさせている無添加お菓子まとめ

 

皆さん、子供にどんなおやつをあげていますか?

我が家は3歳と1歳児がいますが、取り合いになってもいいように、両方が食べられるような、なるべく無添加の物を選んでいます。

手作りは、、、残念ながらそこまで手間をかける余裕なしw

 

もちろん、お客さんが来て、目の前で「はいどーぞ♪」なんて本人に渡されたら、もう仕方なく食べさせてます。

他にも小児科の薬局で、絶対わざとだよね?ってくらい子供の目線にお菓子が置かれているのを見た時なんか、もう買うまで手が付けられないので割り切って買います。

 

今回は、我が家が常備している乳幼児にもおすすめな市販のおやつを紹介します。

 

 

おやつ選びで重視していること

乳幼児期の子供にとって、「おやつ=補食」と言いますね。

だからなるべくおにぎりやパンなど、ご飯を補う栄養源となるものが望ましい、って育児書なんかに書いてあります。

 

うちも2歳くらいまではそうしてました。

 

でも、3歳は無理だ。

一度あげてしまったものは、お店で見つければ勝手にレジまで持っていくし、買ってくれるまで大騒ぎする。

 

それに、ぐずってて手が付けられない時ご機嫌にならないと困る時なんかはおやつは必須なので何かしら常備しています。

それで、我が家がおやつ選びで重視しているのが、

  • 添加物、砂糖、塩分少なめ
  • なるべく時間稼ぎできるもの
  • 3歳・1歳両方が食べられるもの
  • できるだけ安い

です。

今回は我が家の3歳お兄ちゃんと1歳妹ちゃんにあげているお菓子・おやつを紹介します。

 

 

ハイハイせんべい

1歳前からおなじみのおやつですね。保育園でもよく出されています。

こちらはあまり時間稼ぎできませんが、

  • チャイルドシートに乗りたがらない時
  • 体温計や爪切りを嫌がる時

とりあえず手に持たせる、という感じで使っています。

 

3歳の上の子も未だにこれ好きです。(しかたなく食べてるだけかもw

飽きてきたら間にヨーグルト挟んだりすると喜ぶ!

 

いりこ

1歳の下の子はまだ固いのが好きじゃないのか、そこまで食いつきませんが、3歳お兄ちゃんは試しにあげてみたところ大好きに!

「おやついりこ」なんて書いてあるものは、甘辛く醤油や砂糖で味付けしてあって、結構味が濃いものもあるので、なるべく薄味がいいと思います。

上のリンクは小さい子でも食べやすい、やわらか系のものです! 

コーンフレーク(プレーン)

コーンフレークも、プレーンであれば離乳食期から使えて、兄弟で同じおやつをあげたい時は重宝しています。

でも原材料見ると、砂糖、食塩(この2つは大体入っている)以外にも、酸化防止剤、乳化剤、酸味料、などなど余計な物がたくさん入っているものもあるので、なるべく無添加の物がいいと思います。

 

我が家の定番おやつは、ヨーグルト(大さじ1)にコーンフレークをかけて、さらに黒ゴマきなこをかけます。

特別な日はちょっとはちみつをプラスしてあげれば、もうご機嫌になるし、しばらくスプーンで頑張って食べててくれるので時間稼ぎに助かります。

ぽん菓子

基本的に米、砂糖、食塩のみの無添加シンプルおやつ!

我が家は常に常備です。

 

スーパーの昔ながらのお菓子が置いてあるコーナーにあります。たまに無いお店もあるんですよね。

 

ぽん菓子はさらに嬉しいことが。

下の1歳娘にはこの小さい米をつまむのがめちゃくちゃ練習になった。

たくさん入ってて200円くらいで、時間稼ぎもできて、指の練習にもなって無添加。

 

めちゃくちゃコスパいい!!!

 

プルーン、ドライフルーツ

保育園のおやつにもよく出ています。

プルーン自体が甘いので、「砂糖不使用」を選びましょう。

あと個包装のものがおすすめです。

大粒だと結構食べ応えあるし、甘みで満足感あるみたいです。 

 

それに、ドライフルーツも色んな味・食感が楽しめるのでおすすめです。

こちらもだいぶ甘いので、砂糖不使用、できればオーガニックとか書いてあるのが良さげですよね\(^^)/