主婦、時々フリーランス

2児の子育て中のワーママが、育児、節約、仕事について記録。

Windows10で動画をDVDに書き出す方法|DVD Flickの無料ソフトが簡単おすすめ!

 

こんにちは。

これまでWindows7ばかり使っていたので、Windows10に戸惑っている私です。

 

でも、不便なことばかりでなく、もちろん「おぉ」と思う新機能もあります。

例えば、以前紹介したWindows10に標準で入っている「フォト」アプリ。


Windowsムービーメーカーほど細かい編集はできませんが、とにかくさくっと動画を作るにはいい!

それに「3D効果」など面白い効果があるので、ただ静止画や動画を並べるだけでカッコいい動画が作れます。

 

Youtuberデビューにはもってこいかも?

 

そして今回は、そんな動画をDVDに書き出す方法を調べたので備忘録として残しておきます。

 

 

Windows10で動画をDVDに書き込む方法

DVDに焼く方法は2通りある

DVD-RやRWに動画を書き込む際、

  1. パソコンだけで見れる
  2. パソコンとDVDプレーヤーで見れる

2つの書き込み方があります。

よくわからずDVDに焼いてみたら、「パソコンでは見れるけどDVDプレーヤーで見れない!」という経験ないですか?

 

はい。

私はあります。

 

今回は、その2つ目のパターンである、Windows10でパソコンとDVDプレーヤーで見れるようにDVDに書き込む方法について書きます。

 

DVDプレーヤーで見れるように書き込むにはソフトが必要

私が調べたところ、DVDプレーヤーでも見れるようにするには何かしらソフトが必要なようです。

 

※もしソフトが不要な場合はどなたか教えてください><☆

 

以前はWindowsであれば、ムービーメーカーで動画作製からDVD作成(書き込み)までできたので、私もこれを利用していました。

しかし、ムービーメーカーがサポートが終了してしまい、ダウンロードもできません。Windows10にももう入っていません。

 

ですので、何かしらのソフトをダウンロードする必要がありました。

 

調べると有料/無料ソフトと、たくさん出てきますが、その中でもDVD書き込みの定番だという「DVD Flick」というフリーソフトを使ってみました。

 

DVD作成なら「DVD Flick」が簡単

まず。DVD Flickの特徴は

  • 操作、設定がシンプル
  • DVDのメニューあり・なしが選べる
  • 海外用にリージョンコードも設定可

という感じです。

 

DVD書き込みソフトは色々ありますし、よく最初に出てくるメニューのテンプレートが豊富なソフトもあると思います。

 

ただ、いくつかのソフトを試してみると、

  • 「メニューなし」にできないソフトがある
  • 「無料ソフト」と言いつつロゴマークが勝手に動画に入っている

という、ダウンロードまでして使ってみたのに「なんやねん」というオチを持つソフトもありました。

 

私の今回の用途ように、「とりあえずただDVDプレーヤーでも見れるように焼ければいい」という方にはこのソフトはぴったりです。 

 

 

DVD Flickの使い方

まず、DVD Flick公式サイトから最新版をダウンロードします。

http://www.dvdflick.net/download.php

 

全て英語なので、個人の方が配布されている日本語パッチを入れておきましょう。

 

タイトルにある通り、「勝手に日本語化」とあるので多少日本語されないところもありますが、細かい設定か所があるので入れておくのがおすすめです。

 

海外の友人へプレゼントする場合などは書き込む際の「規格」に注意!

日本と海外ではリージョンコードが違います

 

DVD Flickを使ってDVDを作成してみよう

こんなアイコンが作成されます。

f:id:yumekuro789:20190130165701j:plain

 

ドラック&ドロップで、ぽいっとファイルをアップロードします。

f:id:yumekuro789:20190130165717j:plain

 

あとはプロジェクトの設定で先ほどのリージョンコード(日本ならNTSC)等を設定すればOK!

倍速対応のDVDだったらそちらも指定すると書き込み早く終わります。

 

 

Windows10をお使いでDVD書き込みで「???」となっている方は是非お試しを!