主婦、時々フリーランス

2児の子育て中のワーママが、育児、仕事、お金について記録。

Adobe XDが熱い。PhotoshopやIllustratorとはまた違う画期的ツール

 

 

今回は、私の最近のお気に入りツールを紹介する企画、第3弾です!

 

ちなみに第1弾はこちら▼

 第2弾はこちら▼


第3弾では、WEBデザインやサイト制作の仕事をされている方ならご存知かもしれない、「Adobe XD」について紹介します。

 

一言でいうと、これまでに見たことないめちゃくちゃ画期的なツールです。

 

初めてこれを知ったときは「なんか色々使えそう!!」とわくわくが止まらなかったのを覚えています。新しいもの好きでして...

 

そんなAdobe XDですが、

  • 簡単にWEBサイトデザインやプロトタイプを作成・共有
  • PhotoshopやIllustratorよりもさくさく編集
  • 全くの初心者がイラストやレイアウトを作成可能
  • アップデートや機能追加が盛ん

だ!ということを、初心者目線で紹介したいと思います。

 

 

WEBサイトのプロトタイプがめちゃくちゃ簡単にできる

WEBサイトのプロトタイプというのは、画面とする四角い枠の中にボタンや画像やテキストを配置したりして、それが実際どう画面遷移したり、どういう動きをつけるか?という試作品のようなものです。

AdobeXDはWEBサイトのプロトタイプ作成が可能

引用元:https://www.webprofessional.jp/prototyping-with-adobe-xd/

 

Windowsのペイントエクセルで四角の枠やオブジェクトを作るような感覚で(実際はもっともっと高度なことができるのだけど)作成し、次の画面へリンクさせてプレビューすると、実際に実装されたWEBサイトのようなプロトタイプができるわけです。

 

 

これをポチっと「共有」とするだけで、第三者の環境で再生したりできるんですね。

 

「こういうサイトにしたい!」

「こういう動きをさせたい!」

というのがリアルに表現・共有できるから、WEBサイト開発の現場ではすでに注目されてるツールなのです。

 

PhotshopやIllustratorよりも超簡単にイラスト作成ができる

XDはそれ以外にも、個々の画像やオブジェクトの編集を簡単に、しかもさくさくできるという特徴があります。

☆さくさくがポイント!

 

「画像やイラストの加工」というと、Windowsに入っているペイントから、写真や画像などを高度に加工できるPhotoshopまで幅広いですが、

  1. ペイント →トリミング(切り抜き)/サイズ変更/テキスト追加
  2. Photoshop →背景切り抜き/色・明るさ調整/モザイクや影付け
  3. XD →1・2が簡単にできる

といった印象を受けます。

画像加工に関してはFireworks(既にサポートは終了しているAdobeのデザインツール)も軽くて大変便利ですが、XDはリピートグリッドなどの全く新しい機能が含まれています▼

 

とにかく見ているだけですんごい気持ちいいツールです。

 

かっこいいレイアウトが超簡単に作成ができる

例えば、写真や図・グラフなどを1枚に複数配置して見せたい

  • フォトアルバム
  • チラシ、カタログ
  • ランディングページの写真
  • プレゼン資料

などに使えます。

しかも超簡単に超短時間で作成できる、というのがXDのポイントです。

 

こちらの方の動画見ていただけるとわかりやすいです▼

 

動画を見て頂くとわかる通り、XDの何がすごいかというと

  • 他のオブジェクトに合わせたサイズや位置に自動調整
  • ドラッグ&ドロップで写真を枠内中心に自動配置
  • 画像加工が超手軽(Photoshopのように難しくない)

という点なのです。 

 

これは実際に動かしてもらわないと分からないですが、IllustratorやPhotoshopにいまだにてこずっている私だからこそ、XDがいかに感覚的に操作できるかがわかります。

実際Adobeツール未経験者の同僚がXDを触ってみたのですが、レイアウト作成は簡単にできてました。

 

何より一つ一つの処理(編集)がさくさく動くので、イラレ・フォトショの“あの”イムラグがあるストレスがありません!

(イラレとフォトショ重すぎ)

 

盛んなアップデート&プラグイン盛りだくさん

アップデートが月1回くらい行われている(?)ようで、どんどん新機能が追加されています。

 

そしてそれ以上にAdobe外で開発してくれているプラグインがとにかく充実!


こんなことまでできるんだ・・・と感動しちゃいます。

使ったことないけど見ているだけで面白そうなもの盛り沢山です。

まとめ

個人的に、IllustratorとPhotoshopでイラスト作成や画像加工ができるようになった時は、

「よく見るチラシやカタログ、サイトの画像なんかはこうやって作れるんだ~!」

と、それはそれは感動しました。

(まったくこちらのブログには活かせてませんが)

 

でも、XDを知ったときはさらにその上のときめきがありました。

 

業務中、こそこそとAdobeXDをいじってみてる私ですが、時間があればこれをもっと使いこなせるようになりたいです。

私はデザイナーではないので、PhotoshopやIllustratorは最低限の画像加工やイラスト作成ができればOK!という感じです。

 

私にもってこいのツールではないか?!という気がしてます(勝手に)。

 

Adobe XDのかっこいい動画もたくさんあるので、是非チェックしてみてください^^

 

ではでは